Socks Driving Shoesドライビングシューズの靴下

靴を長持ちさせるならソックスを履く

ドライビングシューズは素足で履くのが一般的で、春夏であれば特にそうですが、素足だと蒸れてしまうこともあるかと思います。
そんな時は、くるぶしより下までの靴下を選びましょう。
そのような靴下はカバーソックス、シューズインソックス、アンクルソックス、インビシブルソックスなどと呼ばれています。
ドライビングシューズから靴下が見えてしまうことの無いよう、よりえぐられたカットのある靴下をおすすめします。
角度によってはどうしても靴下が見えてしまうこともあると思います。
その対策としてできるだけ見えた靴下が目立たないように、靴の色に近い色か、肌色に近い色の着用をおすすめします。
靴下の生地は厚いと耐久性に優れる傾向にありますが、足が熱いです。
薄いと耐久性は良くはありませんが、素足に近く快適です。
カバーソックスは一般的に、歩行時に靴下が踵から脱げてしまうという難点がありますが、各メーカーではシリコンでできた滑り止めを施すなど、踵がずり落ちないよう工夫を凝らしています。
脱げにくいことで有名なオロブル社のカバーソックスは、踵を立体的に包み込む独自のパターンによりその難点を克服しています。

ドライビングシューズをはじめ、ローファー、スニーカーと幅広く使用できるオロブルの靴下。
ドライビングシューズをはじめ、ローファー、スニーカーと幅広く使用できるオロブルの靴下。

Oroblu(オロブル)は1987年に高級ストッキングブランドとして発表された、イタリアのアンダーウェアブランドです。
Oroblu(オロブル)は1987年に高級ストッキングブランドとして発表された、イタリアのアンダーウェアブランドです。

メンズセレクトショップ GLOBER
オロブル社のカバーソックスはGLOBERにてご覧頂けます。

このページの先頭へ